君と共に中国を歩く

卒業を機に父(著者)が息子に中国旅行をプレゼントし、その旅行の中で描かれる情景描写

中国を知らずして国際観があるとは言えない。 歴史から中国に入り、現実から中国を読み解く–気鋭の台湾人作家が独自の視点で誘う「現代中国の実相」

呉 祥輝 (著)

東 光春 (翻訳)

単行本: 192ページ
出版社: サンクチュアリ出版 (2017/2/27)



できる社長はなぜ、アスリート化するのか
51eIt4A2WDL._SL500_AA300_
51a6-ZnZGEL._SL500_AA300_
目がよくなる10秒トレーレニング
世界のトップエリート
美人は36.5℃の体温でできている
著者が自分の人生で経験した数々の苦しみを通して得たヒント、そして仏像から学んだよりよく生きるための ヒントが詰まっています。自己啓発的な側面もあり、自叙伝としてのストーリ的な読み応えもあります。いじめ、親子 の関係、不登校、レイプ未遂、エステでの事故、人の持つ心の闇、など現代に警鐘を鳴らす切り口も持ち合わせて おり、さらに仏像という日本人のルーツに繋がる新鮮なエッセンスも含まれている。 「仏像」「仏教」「ブッダの言葉」 などから導かれ、今の時代を生きるヒントが記されてます。
鍵盤シールですぐ弾ける! はじめてのらくらくピアノ CDつき 楽譜
1秒でも早く!「ダメージ」から抜け出す方法
519Rsm9Ux7L._SL500_AA300_