新島八重 ~とある会津女子の生涯~

 

佐久間象山、勝海舟に師事した兄から鉄砲術を学び、

最新式のスペンサー銃を右手に男装・断髪した若き女傑、山本八重。押し寄せる新政府軍にひるむことなく銃を撃ちかける奮闘ぶりは、まさに男勝りであった。八重は「会津のジャンヌダルク」と称賛され、のちに同志社大学創設者・新島襄の妻となる。幕末から明治にかけて“日本の夜明け”を駆け抜けた会津女子の激熱な生きざま。

 

久野潤 (著)

単行本(ソフトカバー):207ページ

出版社: 晋遊舎 (2012/9/27)

 



寝ながら1分! 脊柱管狭窄症を自分で治す本
知名度ゼロ、広告費ゼロでもできる!ソーシャル動画マーケティング
六層連動操法
51LO0iNrOtL._SL500_AA300_
マンガでわかる! すぐに使えるNLP
いくつになっても、結婚できる女結婚できない女
絶品! シンガポールごはん~「家族のレシピ」公式グルメブック
9割の腰痛は自分で治せる
顔が上がる↑1分×表情筋トレ
どんなピンチも女を謳歌しながら乗り越えた。私、やりたいことは、決してあきらめない!