生きるのが苦しいなら (~仏像と生きた3285日~)

著者が自分の人生で経験した数々の苦しみを通して得たヒント、そして仏像から学んだよりよく生きるための ヒントが詰まっています。自己啓発的な側面もあり、自叙伝としてのストーリ的な読み応えもあります。いじめ、親子 の関係、不登校、レイプ未遂、エステでの事故、人の持つ心の闇、など現代に警鐘を鳴らす切り口も持ち合わせて おり、さらに仏像という日本人のルーツに繋がる新鮮なエッセンスも含まれている。 「仏像」「仏教」「ブッダの言葉」 などから導かれ、今の時代を生きるヒントが記されてます。

「仏像」「仏教」「ブッダの言葉」 などから導かれ、今の時代を生きるヒントが記されてます。

いじめ、親子 の関係、不登校、レイプ未遂、エステでの事故、人の持つ心の闇、など現代に警鐘を鳴らす切り口も持ち合わせて おり、さらに仏像という日本人のルーツに繋がる新鮮なエッセンスも含まれている。

SALLiA(著)

単行本: 175ページ
出版社:  キラジェンヌ株式; 四六判版 (2018/12/3)



お金持ちはなぜ、靴をピカピカに磨くのか
世界の大富豪2000人に学んだ 幸せに成功する方法
仮想通貨が1時間でわかる本
お母さんの言葉表
あなたの人生を100%変える話し方
「選ばれる人」の気遣い
上司のカルテ
51gp4gSqb8L._SL500_AA300_
私を幸せにする起業
みずぽっと体操──水のゆらぎで肩こりが消える!