生きるのが苦しいなら (~仏像と生きた3285日~)

著者が自分の人生で経験した数々の苦しみを通して得たヒント、そして仏像から学んだよりよく生きるための ヒントが詰まっています。自己啓発的な側面もあり、自叙伝としてのストーリ的な読み応えもあります。いじめ、親子 の関係、不登校、レイプ未遂、エステでの事故、人の持つ心の闇、など現代に警鐘を鳴らす切り口も持ち合わせて おり、さらに仏像という日本人のルーツに繋がる新鮮なエッセンスも含まれている。 「仏像」「仏教」「ブッダの言葉」 などから導かれ、今の時代を生きるヒントが記されてます。

「仏像」「仏教」「ブッダの言葉」 などから導かれ、今の時代を生きるヒントが記されてます。

いじめ、親子 の関係、不登校、レイプ未遂、エステでの事故、人の持つ心の闇、など現代に警鐘を鳴らす切り口も持ち合わせて おり、さらに仏像という日本人のルーツに繋がる新鮮なエッセンスも含まれている。

SALLiA(著)

単行本: 175ページ
出版社:  キラジェンヌ株式; 四六判版 (2018/12/3)



一生仕事に困らない! 「活きた人脈」の作り方・育て方
大切にしてくれる彼と もっとしあわせになれる 恋愛の教科書
仕事で認められる人は、見えないところで何をしているのか
定年前に夫婦で始める月商300万円のスモールビジネス
グーグルを超えると言ってくれ 成功を思い描く経営
知名度ゼロ、広告費ゼロでもできる!ソーシャル動画マーケティング
プレゼン
内定「後」の教科書
カタカナ発音で英語は驚くほど通じる!道案内からスポーツの話題日本の伝統文化まで
41vpoM8WZNL._SL500_AA300_